土地・建物の測量・登記に関する用語【山本健治土地家屋調査士事務所】

  • 土地に関する測量・登記
  • 境界確定測量
  • 土地地目変更登記
  • 境界復元測量
  • 土地分筆登記
  • 土地合筆登記
  • 土地地積更正登記
  • 筆界特定制度
  • 確定測量費用計算プログラム
  • 建物に関する登記
  • 建物表題登記
  • 建物表題変更登記
  • 建物滅失登記

福岡での不動産売却のことなら司不動産

相続登記など不動産が関係する相続のことならFJO相続手続相談室

建物滅失登記(タテモノメッシツトウキ)

建物滅失登記とは、建物の解体後、法務局が管理している登記簿に建物が存在しないことを登記するものです。原則として、解体後1か月以内に管轄の法務局へ申請しなければならず、怠った場合、罰金が課される場合もあります。
滅失登記を行うと、課税台帳から除かれるため、固定資産税がかからなくなります。又、建て替えの際に、建築許可の要件にもなっている為、建物滅失登記をする必要があります。
【用語辞典の最新記事】
posted by f-tochi | 用語辞典